症状別ブログ

2017.01.14更新

今日は妊婦さんの治療について紹介します。

意外と知られていないのが肩コリや腰痛等の治療も妊娠中もできるという事です。

 

 妊娠による体重の増加、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、運動不足等からくる肩こり・腰痛・足のむくみ・膝の痛みetc...こういった身体の悩みを抱えている方は沢山いらっしゃると思います。
 しかし妊娠中でも治療ができるという事があまり知られていない為に、多少の腰痛や肩こりならと我慢してしまう方が多いんです。しかし、妊娠中の症状を放って置くと産後に症状が強く出てしまったり、その症状が抜けにくくなってしまいます。また産後の骨盤矯正をお考えの方も産前からケアしておくことで、産後の骨盤の開きなどを治しやすくなります。
 
 他の患者さんのようにうつ伏せでのマッサージは行えないですが、横向きや仰向けでのマッサージや、マッサージクリームを用いたリフレクソロジーなどで症状に対してしっかりとアプローチしていきます!
 もし妊娠中の症状でお悩みでしたらお気軽にご相談下さい。

 

 

国分寺市・小平市・国立市のお近くで肩こり腰痛・膝痛・交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正でお悩みなら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院までご相談下さい。
中央線・西武線「国分寺」駅北口徒歩3分
国分寺市本町3-9-16本田ビル3F

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2017.01.11更新

今回は膝の痛みについてです。
 
膝の痛みも様々にありますが、当院に来院される膝の痛みはご年配中心の変形性膝関節痛が多いです。
加齢による筋力低下、積み重ねた負担、古傷などで最初は筋肉のみの痛みでしたが徐々に関節の負担となり、
半月板が減る(狭窄する)事で膝周囲の骨の形が変形してくるのです。

それによって関節を構成する骨の接合部分にトゲができたりして、周囲の組織を刺激し、痛みとなります。
 
特に荷重のかかりやすい膝の内側が変形しやすく、内側に痛みを伴います。
症状が長くなるとかばって歩行したりで外側にも痛み、それに起因して膝以外にも痛みが出てきます。
当院では炎症期は膝自体は軽い治療で炎症を悪化させないよう、関連した所をしっかり治療する事で痛みや炎症期を早期回復させる事が出来ます。
炎症がなければメインの筋肉・腱・関連部の筋肉をしっかりアプローチした上、筋肉を動かせて治療もしていきます。


 
整形外科で変形性と診断されてもしっかり治療していく事で、変形自体は変わりませんが痛みがなく負担のない日常生活を送られている方が沢山おられます。
日常生活の質を向上させることはできますが、もちろん痛みが落ち着いてもある程度メンテナンスでの来院は必要です。

 

もし膝の痛みにお悩みの方、自分の膝の状態が気になる方などいましたら、ぜひ一度当院にご相談ください。

健康のへお手伝いをさせていただきます。

 

国分寺市・小平市・国立市のお近くで肩こり腰痛・膝痛・交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正でお悩みなら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院までご相談下さい。

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2017.01.11更新

もうしばらくすると花粉症の時期になりますね!そこで今回は

花粉症緩和におすすめの食材6選

をご紹介します!


1.ヨーグルト
乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれ、腸内環境を整えてくれます。腸内環境が改善されると免疫力が高まり、アレルギー症状が緩和されます。また、いくつかの種類の乳酸菌には、アレルギー症状を起こす免疫細胞のバランスを改善させる働きもあるといわれています。
⇒効果を実感!
2.鮭
鮭の色素成分であるアスタキサンチンには、花粉症を引き起こす原因となるヒスタミンの作用を抑える効果があります。また、鮭をはじめ青魚に豊富なDHAやEPAといった脂肪酸には、花粉症を引き起こす原因物質プロスタグランジンの量を低下させる働きがあると言われています。
3.いちご
最近の研究から、いちごに含まれる酵素がアレルギーの引き金となるIgE抗体を減少させることが期待されています。ただし、症状緩和を期待するには1日20粒を1週間食べることが必要とのこと。いちごには他にも、アレルギー症状を強める活性酸素に対抗するビタミンCが豊富に含まれています。
4.にんじん
にんじんに豊富なβ-カロテンは体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは活性酸素に対抗するほか、皮膚や粘膜を健康に保つ働きもあります。
5.しそ
アレルギー症状を緩和させる成分を多く含むしそですが、中でもロズマリン酸は、ステロイド剤にかわる副作用のないアレルギー軽減物質として期待されています。ロズマリン酸は、青じそよりも赤じそに多く含まれます。赤じそが出回る時期は6月ごろに限られているので、市販のしそジュースを飲むといいでしょう。
⇒妊婦さんも安心!
6.緑茶
ポリフェノールの一種であるカテキンが、花粉症の症状緩和に効果的です。ただし、効果を出すには1日に10杯以上のお茶が必要です。
緑茶のなかでも、べにふうき緑茶にはメチル化カテキンが多く含まれています。メチル化カテキンはIgE抗体とヒスタミンなどを抑制する働きがあり、くしゃみや鼻水といった症状の緩和に有効です。また、ほかの食材と違い即効性があるという点も嬉しいですね。
花粉症を重症化させないためには、早めの対策が吉です。症状の緩和に有効な栄養素はいくつか挙げられますが、それらは即効性のあるものではありません。継続して摂ることで体質が改善され、症状の緩和が期待されるのです。花粉症かな?と思ったら、症状を緩和させる食品とともに、バランスのとれた食事と充分な休養を意識してみましょう。


 国分寺市・小平市・国立市のお近くで肩こり腰痛・膝痛・交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正でお悩みなら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院までご相談下さい。

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2017.01.04更新

本日は肩こりに対して当院ではどのように治療していくかをご案内します。
 
I.肩こりの原因
 
肩こりは筋肉の疲労や血流不足など原因は様々です。次にあげるのは主な原因です。
 
・同一姿勢からくる骨格の歪み
・眼精疲労
・寒さ(冷え)
・筋肉の疲労,運動不足
・精神的なストレス
・自律神経の乱れ
 
また、人間の頭の重さはボーリングの球ぐらいの重さがありそれを支えている首や肩の筋肉には常に負担がかかっています。姿勢が悪いと更にそれ以上の負担がかかるので頑固な肩こりの原因にもなります。
 
II.当院での肩こりの治療法
 
1,画像診断でカラダの歪みや負担のかかりやすい場所のチェック
 
2,動きの確認(コリの原因となってる筋肉を探る)
 
3,治療

①マッサージ、鍼

当院の治療はマッサージ、鍼共にトリガーポイント療法を用いています。
トリガーポイント療法とは簡単に言うと痛みの原因となっている筋肉の硬結(老廃物が溜まってしこりみたいになってるところです)を探ってアプローチすることで痛みを根本から取り除くものです。このトリガーポイントにピンポイントで刺激されるとズーンとしたなんとも言えない痛気持ちよさが味わえます。またこういった心地よい刺激は自律神経を整える効果もありカラダをリラックスさせる効果もあります。

l

②ストレッチ

筋肉の柔軟性をつけるために頸部や背部のストレッチおこないます。ストレッチは姿勢の改善にも繋がるため疲れにくいカラダ、コリにくいカラダを作るのにも役立ちます。場合によっては自宅でのストレッチやトレーニングも指導していきます。

③ライズトロン

深部の筋肉を温めてコリをほぐしていきます。

t

④カッピング

皮膚の表面を吸い上げることで刺激を与え、血流改善を図ります。

r

 

上記の様な治療法から患者さんのその日の症状や体調に合わせて治療を組み立てていきます。もちろん苦手なことを強要したりしないのでご安心下さい。
 
4,症状やカラダの状態についての説明

前述の画像診断で撮った写真や治療後の変化等を見て、姿勢によって負担のかかっている場所や筋肉、また今後の予想される経過等の説明を行います。
 
以上が治療の流れとなっています。
皆さん、ただの肩コリと思って放っておいていませんか?肩こりも酷くなると頭痛が出たり、コリがストレスとなって様々な身体の不調に繋がっていきます。その症状が酷くなるまえに是非当院にご相談ください。

 国分寺市・小平市・国立市のお近くで肩こり腰痛・膝痛・交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正でお悩みなら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院までご相談下さい。

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2017.01.04更新

本日は頭痛に対して当院ではどのように治療していくかをご案内します。
 
①頭痛の原因
 
15歳以上の日本人のうち3人に1人は「頭痛もち」と言われています。原因は様々ですが本日は緊張型頭痛と偏頭痛(片頭痛)について簡単にお話しします。
 
〜緊張型頭痛〜
 
頭痛の中で最も多く年齢や性別を問わず、誰もが発症する可能性があります。主な原因は精神的なストレス,長時間のデスクワークからなる同一姿勢など、血行が悪くなり頭から首・肩の間が緊張、頭痛となります。
 
〜偏頭痛(片頭痛)〜
 
偏(片)頭痛という響きから頭の片方だけ痛む頭痛だと思われがちですが、片側だけでなく両方のこめかみ〜目の辺りにかけて、脈を打つような「ズキンズキン」と痛むのが特徴です。
ストレスや疲労により頭蓋骨内の血管が広がり炎症を起こす為や、20歳〜40歳の女性に多い事から女性ホルモンの変動などが原因とされます。
 
②当院での頭痛の治療法
 
当院の治療はマッサージ・鍼治療共にトリガーポイント療法を用いています。
トリガーポイント療法とは簡単に言うと痛みの原因となっている筋肉の硬結(老廃物が溜まってしこりみたいになってる所です)を探ってアプローチすることで痛みを根本から取り除くものです。このトリガーポイントにピンポイントで刺激されるとズーンとしたなんとも言えない痛気持ちよさが味わえます。またこういった心地よい刺激は自律神経を整える効果もありカラダをリラックスさせる効果もあります。
また、患者さんのその日の症状や体調に合わせて治療を組み立てていきます。もちろん苦手な事を強要したりしないのでご安心下さい。

 

n

 

国分寺市・小平市・国立市のお近くで肩こり腰痛・膝痛・交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正でお悩みなら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院までご相談下さい。

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2017.01.04更新

痛いけど肩の挙がりが最大近く挙がるレベルは、まだ筋肉レベルの緊張による痛みだけで、肩関節を中心に上腕骨・肩甲骨間の動きがまだスムーズなレベルの痛みは、四十肩・五十肩の予備群であり、まだこれでは無いです。
肩の動きが引っかかるようにロックした感じになり、痛みがある・痛みが強い・夜間の疼き・上腕骨と肩甲骨間の動きがスムーズでなく上手く挙げられない状態を肩関節の拘縮といい、最初は筋肉レベルの痛みだったが無理や我慢をしていたり、ほっとくと段々関節にも負担が大きくなり固まった状態(拘縮)していきます。炎症期よりは痛みは落ち着きますが肩関節の動きが制限され、この時期を拘縮期といいます。動かせる範囲内で肩関節に動きをつけ可動域を広げるよう治療していきます。
なるべく早く治療を受け拘縮期から抜け出さないと治りが遅くなり、半年以上拘縮期が続くこともまれではありません。
肩関節の拘縮が取れてきて動きも出て症状がよくなってくる時期を緩回期といいます。
四十肩・五十肩の中でもレベルがあり、強い痛み・ほとんど挙がらない・炎症レベルが強い状態だと、カルシウム(石灰沈着)性肩関節炎になっている可能性があり、痛みが落ち着くまでかなりの時間を必要とする可能性もあり、病院と治療院の連携をお勧めします。

当院では、炎症が下がった状態であれば関節の拘縮改善を得意としており、鍼・深部筋アプローチの手技・高周波(ライズトロン)・動きをつけながらの手技(リハビリ)を患者様に合わせて治療していきます。

 

l

 

p

この時期、寒くなったりと関節の痛みが目立つ時期でもあります。もし中々治らない・諦めている方がいましたら、まずはご相談ください。


国分寺市・小平市・国立市のお近くで肩こり腰痛・膝痛・交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正でお悩みなら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院までご相談下さい。

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2016.12.18更新

 

病院で検査しても異常が見つからないのに、動悸やめまい、頭痛、下痢、憂鬱感、などこの様な症状でお悩みの方多いのではないでしょうか。

不規則な生活や日々の習慣などにより身体の働きを担う自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことです。

原因としては、生活リズムの乱れ
過度なストレス(人間関係など)
環境の変化
女性ホルモンの影響 などが挙げられます。

姿勢の悪さなどの身体の構造や血流循環が悪くなることも原因の一つです。
鍼でツボや硬くなってしまった筋肉を柔らかくし老廃物をしっかり流してあげることにより血流循環促進になります。
また、鍼は免疫力を高め自然治癒力を高める作用もありストレスに耐性ができることで、
自律神経が乱れにくい身体作りに繋がります。

当院ではカイロプラクティックによる姿勢改善、骨盤矯正なども行っており歪みを直していくことでストレスに強い身体を作れます。  

お悩みの方がいらしましたら是非当院にご相談下さい。

 

国分寺市、小平市のお近くで肩コリ腰痛、膝痛、交通事故治療や妊娠中の腰痛、産後の骨盤矯正でお悩みの方がいらしましたら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院にご相談ください。

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2016.12.17更新

 

更年期とは女性の場合卵巣機能が衰え始め、ホルモン分泌が低下、閉経を迎える前後の期間の事を言います。
原因としてはホルモンバランスが乱れ、心身共に不調の事であり自律神経症状の一つ。
また生活リズムの変化による精神的ストレスも更年期障害を引き起こします。
症状として、肩コリ腰痛、ほてりのぼせ、多汗、めまいふらつき、耳鳴り、倦怠感、頭痛、冷え、など人によって様々な症状が出ます。

 

鍼灸治療はWHO(世界保険機構)が、
「更年期障害」「生理痛」、「生理不順」「不妊」「冷え性」などの 女性特有の症状に効果があることを正式に発表されました。
更年期障害の主な症状はホルモンのアンバランスを正常に整える事により、症状の改善を期待できます。鍼灸治療は自律神経系の機能を調整して、内臓の働きを整えたり、血圧を整えたりすることが証明されてます。鍼により血液等の流れを促進して疲労の早期回復、各細胞への酸素や栄養分の供給を良くする働きもあります。また、筋肉の緊張を緩めて肩コリなどの症状を改善します。
当院でもマッサージや鍼を用いて治療していきます。

 

上記症状でお悩みの方がいらしましたら、当院までご相談ください。

 

国分寺市、小平市のお近くで肩コリ腰痛、膝痛、交通事故治療や妊娠中の腰痛、産後の骨盤矯正でお悩みの方がいらしましたら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院にご相談ください。

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

2016.12.15更新

寒くなってくると手足が冷え、足がつってしまったり、夕方の仕事終わりには足がパンパンに浮腫んでいる!なんて思う事あるんじゃないでしょうか。
当院ではこういった症状の方にリフレマッサージをオススメしています。
クリームを使い下肢の血流循環をよくします。
むくみや足の冷え、こむら返りに効果があるのはもちろん、下肢静脈瘤の方にも効果的です。

before

d

 

after

l

当院のマッサージと静脈瘤は相性がよく施術前と施術後の写真を見てもらえれば一目瞭然ですね。
特に立ち仕事が多い方、妊娠・出産を機に浮腫みだったり出やすくなります。

上記症状でお悩みの方がいらしましたら是非当院にご相談ください。

 

国分寺市・小平市・国立市のお近くで肩こり腰痛・膝痛・交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正でお悩みなら、こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院までご相談下さい。
〒185-0012 国分寺市本町3-9-16 本田ビル3F
042-312-4420

 

投稿者: こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院

前へ
こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 【営業時間】 [平日]9:00~13:30/16:00~21:00 [土曜]9:00~13:30/15:00~19:00 [日曜・祝日]9:00~13:30 ※予約優先制 042-312-4420 お問い合わせはこちらこくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 【営業時間】 [平日]9:00~13:30/16:00~21:00 [土曜]9:00~13:30/15:00~19:00 [日曜・祝日]9:00~13:30 ※予約優先制 042-312-4420 お問い合わせはこちら